ミュージックワークショップ東京vol.14レポート

9/25に開催したミュージックワークショップ東京vol.14は無事終了しました。
フリーインプロヴィゼーションの方を含め、様々なジャンルで活動している方が参加してくれました。

 

ファシリテーター蜂谷真紀さんの案で、今回は
・聴く側と演奏する側の垣根を無くし、演奏したい衝動を感じたらすぐ演奏に参加する。
聴いている時も常に演奏に参加している気持ちを持って。
・失敗を恐れない。
・様々なジャンルの音を聴き、その中から共通言語を探す。

といったテーマでワークショップを行いました。


蜂谷さんの力で、殻を破り普段とは違った一面を見せてくれた参加者の方が何人かいました。
個人的には、Verseの部分を千光士さんのドラムとデュオで歌い、
臆することなく初めてスキャットに挑戦したIさんvoの演奏が印象的でした。
とても充実した時間を過ごすことが出来、4時間があっという間に過ぎました。
楽しかったです!

ファシリテーターを務めていただいた蜂谷真紀さん、サポートしていただいた千光士実さん、
そして、このワークショップに参加していただいた皆様、ありがとうございました。

次回は少し間が空いてしまいますが、いつもと趣向を変えて

12月4日(日)昼間にジャムセッションを行います。
詳細決まりましたらまた連絡しますので、よろしくお願いします。

 

ミュージックワークショップ東京実行委員会 大竹弘行